agaとは一体?どのように対策すればいいのか

agaとは一体?どのように対策すればいいのか

agaにはどのような特徴があるのか

agaとは、男性型脱毛症と呼ばれる疾患です。主に20代以降の成人男性に多く現れますが、早い場合は10代で発症したり、若い時には異常がなかったのに還暦を過ぎてから発症するケースもあります。発症原因には男性ホルモンが挙げられます。男性ホルモンと頭皮にある酸素が結合することでより強いホルモンとなり、髪の成長を抑えてしまうのです。髪の成長が止まると、抜け毛の増加と髪が細くなる傾向が見られます。これらはagaの初期症状であり、進行していくと前頭部から後頭部にかけて薄毛になります。

aga対策には何をしたらいいのか

agaは進行性の疾患のため、早急な対策が必要となります。まず大切なのは、agaそのものを理解することです。症状の進行は人によって違いがあり、多少の抜け毛では気にも留めなかったり、薄毛が目立つようになってから気付くケースがあります。たとえ症状がなくても、発症する可能性は全くないわけではありません。症状が現れ始めてからはもちろんのこと、agaの疑いがなくても発症に備えて理解しましょう。

対策には生活習慣の見直しも大切です。食生活が偏っていたり睡眠や運動不足が続いていると、髪の成長に影響を与えます。また過度な飲酒や喫煙習慣があると、頭皮の血行が悪くなり症状が進行しやすくなります。さらに、日々のストレスを溜め続けていればホルモンが分泌されなくなり、髪に栄養が届かなくなるのです。生活習慣の乱れに少しでも当てはまる場合は、なるべく規則正しい生活になるように心がけましょう。

会社の同僚や自宅の近所に治療していることを知られる心配がないことが、agaを仙台にあるクリニックで治療する際のメリットとなります。