医療脱毛で使うレーザーにはどんな種類がある?自分の肌に合う脱毛方法を選ぶコツ!

医療脱毛で使うレーザーにはどんな種類がある?自分の肌に合う脱毛方法を選ぶコツ!

医療脱毛レーザーの種類

医療脱毛で使用される機器は、医療従事者でなければ使用することができないものです。医療脱毛に使用される脱毛レーザーは波長の違いからアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの3つに大きく分けられます。

アレキサンドライトレーザーは、波長が長くレーザーを照射しながら皮膚も冷却するためやけどがしにくいことがメリットです。

ダイオードレーザーは、メラニンの吸収率や毛へのアプローチがバランスがよいのが特徴で、細部にも照射しやすいレーザーです。反応させる部分によって蓄熱式とレーザー式の2つの方法があり目的に合わせて選ぶことが可能です。施術時間が短く傷みが少ないのがメリットです。

ヤグレーザーは、かなり長い波長で皮膚の深部にまでアプローチすることが可能です。そのために焼けした肌などにも施術が可能で剛毛にも効果が期待できます。

自分に最適な脱毛方法を見つけよう

医療脱毛レーザーは、一般的に脱毛の効果が高く施術期間が短いというメリットがありますが、費用が嵩むことや痛みを伴うことが多く不安に感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、中には比較的痛みが少なく刺激が少ないレーザーもあります。自分の肌質や状態、毛質に合った医療レーザーを使うことで効率的に脱毛を行うことが可能です。また、レーザーによってはシミや黒ズミなどにも反応し美肌に有効なものもあります。

渋谷で医療脱毛を検討している時は、脱毛する部位や肌の状態などクリニックの医師としっかり相談して納得してから行いましょう。

夏場はムダ毛が気になる時期でもあります。渋谷医療脱毛を利用して早めに脱毛を済ませておけば、夏を先取りできます。